伊良部大橋

沖縄県の中で、あなたのお気に入りの橋はありますでしょうか?

沖縄県には、さまざまな橋がありますよね。有名どころで言うと、ニライカナイ橋や古宇利大橋といったところでしょうか。

どの橋も、本州ではあまり見かけないような橋の形状をしていて、周りの景色とうまく溶け込んでいます。

そんな美しい橋がたくさんある沖縄県ですが、そのひとつに新しい橋が加わろうとしているんです。

その橋は、「伊良部大橋」という橋です。「伊良部大橋」は、沖縄県宮古島市にある宮古島の平良港トゥリバー地区と伊良部島の東南部にある長山の浜辺付近を結ぶ予定の大きな橋です。

現在では、まだ完成しておらず建設中の段階で、2015年の開通を目指しています。

完成すると、全長3,540mにもなり、沖縄県内ではもちろんのこと、2006年に完成した北九州空港連絡橋を抜いて、料金を徴収しない橋では日本で一番長い橋となります。

沖縄県では、来島大橋や池間大橋など次々と長い橋ができますね。

もちろん利便性を考えてのことですが、またもうひとつ観光名所が増えそうです。

橋の建設工事自体は、平成18年(2006年)から始まっていて、当初の予定では平成24年(2012年)完成予定だったのですが、3年ほど延びてしまいました。

橋の長さが非常に長いので、総事業費が莫大な金額になってしまったことから、制作方法の見直しや軽量化がすすめられていたそうです。

結局、総事業費は320億円で、国が9割、県が1割ということに落ち着きました。

県が1割というのは、少しびっくりです。

すでにある沖縄県の橋も、ほとんど国が負担しているそうですよ。

建設当初から橋のことを知っている人たちは、きっと待ちわびているでしょうね。

完成予想図を見ると、かなり芸術的な橋となっています。

でも、現在が2014年ということなので、あと1年ほどで完成です!

現在では、ほぼ完成しているので、宮古島や伊良部島からは工事中の橋を眺めることができますよ。

完成予想図とはかなり違う感じがしますが・・・。

完成予想図とはそうゆうものなんですかね。

もちろん、工事中の感じは否めませんが、誰も通っていない橋はなんだか神秘的な感じがします。

完成したら、ぜったいに渡りに行きたいと思います。

3.5kmもある橋なんて、そうそう渡ることはないと思うので楽しみです。

「伊良部大橋」の工事中の映像がありましたので、興味のある方はご覧になってみてください。

結構、最近の映像のようです。どんなふうに橋が完成していくのかを見ることができるので、なかなかおもしろい映像ですよ。

YouTube『https://www.youtube.com/watch?v=fsAmCNLD_OA』

「伊良部大橋」は、まだ完成はしていませんが、きっと素敵な橋ができると思います。

「伊良部大橋」という名前を覚えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です